シャンプー&ブロー教室に参加したよ。(実践編・シャンプー)

おさらい編からの続きです。シェリーはおるすばん中。

さあ、シャワータイムのはじまりです。
お湯の温度は36~37℃。ぬるめに設定します。
おしり~体~顔の順番に、シャワーヘッドを体に当てながら手早く濡らします。

顔ってシャワーかけづらいよね…

そこでポイント。
顔にシャワーをかけるのが難しいときは、スポンジを濡らしてやさしくこすってあげるとよいです!
台所用のスポンジで大丈夫です。小回りが利いて、これはいいアイデア!

まえあしが浮いてきた(笑)

りんちゃん、どんどん小さくなっていくよ!
そうだ、プードルってマズル長いんだったよね。
普段、どれだけもこもこしているのかが良く分かる(^o^)

全身濡れたら、シャンプーです。
シャンプー液はよく泡立てること。バスリリーとか使うと良いですね。
しかしそんなお洒落なものは我が家は無いので、ヒト用のボディタオルで泡立ててます。
(我が家はお風呂場に、たーさん・わたし・シェリー、3人分のボディタオルがかかってます☺)

しゃかしゃか♪手際よいです。

基本的に2回洗いを推奨。
特に汚れやすい足回り、耳の内側。意外と1回では落としきれないそうです。
一度洗い終わった時に触らせていただくと、指の股はすこしペタッとしていました。
『ドライヤー、なかなか乾かないのよ~!特に耳の裏!』と思っていたのは、汚れが残っているからだそうです。きちんと洗えていれば、そんなに時間はかからないそうです。

ありゃ~(^_^;) 今まで汚れを残してたのね。

きもちよさそう♪

で、その耳の洗い方なのですが。
トリマーさんは結構ごしごしと、ダイナミックに洗っていました。
水や泡が耳の奥に入るのでは?と心配する方も多いと思いますが、鼓膜に問題が無ければ、頭を振って自分で外に水を出せるので、慎重にならなくて大丈夫みたいです。

机上の学習よりも、実際の経験に勝るものは無いなあと改めて実感。
耳はダイナミックに洗ってよし。←今日一番タメになったかも。

そこそこ、そこなのよ~

顔を洗うときもスポンジで優しくこすってあげてました。
あと、目やにで固まってしまった目頭の毛は、お湯でふやけたらコームでといてあげます。

目の周りは泡が入らないようにやさしくていねいに。

そうか、トイプちゃんはお顔の毛も長いんだっけ。
日頃から顔もブラッシングしてあげないといけないもんね。(えっ、キャバリアは?とりあえずタプもんでおく??)

シャンプーは、顔から流します。先に流しておかないと、ブルブル頭を振ってしまったときに泡が目に入ったりしちゃいますので注意。

2回洗いを終えると、先ほどペタッとしていた指の股もさっぱり。

『ようすをみにきました!』 (病院の看板犬☆ウェスティです)

続いてリンスに移ります。
全身にかけ流してあげて、シャワーですすぐのですが、どの位すすいだら良いのかな?
シャワーをかけると、流れた水が泡になるのですが、その泡の大きさが最初は大きいです。この泡の大きさが小さくなったらすすぎ終わりのサインだそうです。
被毛をさわった感じとしては、すこしヌルつきが残るくらい。

なるほど~。

これでシャンプーは終了です。
ブローでふわふわに仕上げたい犬種の場合は、軽く水を切る程度でOKです。結構びしょびしょな感じ。
ここでしっかり拭いてしまうと、ドライヤーを当てている間に他の部位が乾いて毛のもつれの原因になるそうです。
プードル、シュナウザーちゃんなどなど。

さっぱり☆

キャバリアはストレート毛なので、しっかり拭いてOK。
タオルドライも犬種によって方法を変えるとは、そこまで想像に及びませんでした。

次はブローです!
目薬と綿棒、そして除菌液を用意して、ブロー編につづきます(^o^)

 

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
わたしのでばんが

ないよぉ~~~!