シェリーのいない時間。(わたしの手記)

ドッグドックの日
朝10時に病院へ預けて、お迎えは14時半頃。
たったの4時間半のこと。

わたしたちが(仕事で)不在にすることは日常のことだけれど、シェリーが不在になることは稀。

…これが違和感。


2頭身…?

去年は、預けている間、さみしくてたまらなかった。

留守番する側と、される側、ぜんぜん感じ方が違うものだよね。
いつもシェリーはこんな気持ちでいるのね…と思うと切なかったけれど。

わたしたちの生活スタイルは簡単には変えられないので、割り切らないとやっていけないのだよね。

シェリーを預けた後、病院近くのカヤバ珈琲で遅めの朝ごはん。
朝食ヌキのシェリーの目の前で、朝ごはんを食べるのは忍びなかったからさ。

しっとりとした佇まいのカフェ…いや、喫茶店。と言った方が雰囲気に合っているかな。

こういう時じゃないとなかなか来られないので、存分に味わおう。
(※わんこは入れません)

カメラ持ってくれば良かったなぁ、と思いたくなる光の加減。
だけど大きくて重たいレンズはこういう場所には不向きだし…
手狭な場所用に、小さなレンズ買おうかな。(※買いました。)

ゆっくり時間が流れているようで、そうでもなくて。
シェリーの事を考えると、時間が止まる。

お迎えの時間が遠い。

お腹も目も満足して、お散歩。

シェリーがやってくる前は、週末になるとよくお散歩してました。


カヤバ珈琲のおとなり、旧吉田屋酒店

久しぶりにふたり散歩。
たーさんは初めてだという谷中霊園。
病院は谷中にあって、霊園はとても近いのだけど。
帰る方向が逆なのでいつも寄るのは上野公園なんだよね。

桜の頃は過ぎているけれど、まだ余韻もあり。
おまわりさんものんびり。
分かれ道でまごまごしていると、親切に声を掛けてくれました。

おだやかな時間が流れます。

ふたりのお散歩も楽しいけれど、
今度はシェリーを連れて、ここで一緒におさんぽしよう。

お買い物したり、寄り道したりしているうちに
あっという間にお迎えの時間がやってきて。

先生の説明を聞いて、ようやく対面…!

初めて預けたとき(避妊手術の時)は、目もあわせてくれなかったくらい、不信感マックスだったけれど。

それから一緒に過ごす時間の積み重ねで、ちょっとの不在では動じなくなったし、再会をたっぷり喜んでくれるようなったよ。

たったの数時間だけど、ぽっかり穴のあいた時間。
シェリーの存在感の大きさったら!

今年もやっぱりさみしかったけれど。

シェリーへの愛情がさらに深まった1日でした☺

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています♪
ぽちっとおねがいします☺


人気ブログランキング

わたしの相棒ちゃん。

こらからもたくさん、かわいいシェリーを残そうっと!

明日のオフ会、みなさまどうぞよろしくお願いします☺
楽しみにしています♪