すきまにフィット。(出られない事件)

今日は過去のシェリー通信。
ブログを始める前の事件簿です☺

♪♪♪♪♪♪♪♪

シェリー1歳1ヶ月。
この頃、せまい場所に潜りこむのがマイブーム。

まあね、もっともパピーの時からそんな兆候はあったのだけど
ここにきて本領発揮しちゃうぞ☆って。

カラダが小さいから、平気でするっと入ってしまうんだよね。

だけど・・・・

海外のニュースでよく見かける「壁のすきまに頭が挟まって抜けない。」的なやつ。
レスキューされちゃう、大騒ぎなやつ。

シェリーもそれ。


やっちまいましたね…

必死だったんだから、、、わたし。。。。
出てこない(出られない?)シェリーに四苦八苦。

大好きなささみのおやつで誘導しようにも、びくともせず。

この時は平日で、わたしが出勤する直前のできごと。

このままおとなしくしているのなら、出かけてしまおうかしら…
いやいや、カラダのどこかが挟まっているのかもしれないし!(すでに挟まってるんだけどね)
おトイレとか、留守中にもし何か事故が起きてしまったら絶対にまずい!

と激しく心がざわめきたったのを覚えている…

洗濯機の足を高く上げて、すきまを広くしても動じない。

必死になってシェリーを引きずり出そうと格闘すること、一時間半…!
ずーっと出そうで出なくって。


半身出てるんだけどね。

ぽろんと出てきたときには涙が出そうになったよ。
会社、大遅刻(・_・;)

…てな事件があったのでした。

それからは、洗濯機の下に入れないよう、大きなぬいぐるみですきまを塞いで防御。
今でも隙を見て潜りこもうとチャレンジするけれど、さすがにカラダが大きくなって入れません。

そろそろやめてください。。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています♪
ぽちっとおねがいします☺


人気ブログランキング

イヌの習性なのか、せまくて暗いところ、好きなのよね(^_^;)